投稿日:

キャッシング審査で必須の身分証明書とは

キャッシング審査の過程で書類提出が必要になり、申し込みを行う方の状況や業者サービスによって必要な書類は変わりますが、身分証明書の提出は必須と言えます。
どこの誰か解らない人に業者はお金を貸すわけにはいかないですし、身分証明書として有効なものには運転免許証や保険証、パスポート等が挙がり、収入証明書は消費者金融では借入額が1社から50万円、複数業者合算で100万円を超えるものでなければ提示の必要は原則としては無いです。
銀行カードローンの場合は収入証明書無しで300万円までなら借りる事が出来る所が多く、中には100万や200万円で必要な所もありますが、基本的には身分証明書だけで大きな借り入れも可能になります。

身分証明書を提示してキャッシング審査に挑み、申し込み時に提示した情報に偽りが無いかを確認していく作業があり、その過程では職場に在籍確認の連絡があったり、人間の手で確認していく事になります。
本人確認書類として有効な書類は色々ありますが、運転免許証があれば問題無く審査を進めていく事が可能であり、自営業がキャッシングを行いたい場合は、身分証証明だけではなく収入証明書が必須になり、安定した収入が保障されないですから必要書類が多くなる仕組みです。
参考:http://www.counselingforloss.com/