投稿日:

カードローンの返済が難しくなったら弁護士に相談を

カードローンを利用するのは、お金がない時には手軽なのですが、次々に利用し続けてしまって返済が苦しくなってしまうケースは少なくありません。
そんな時にはまずは弁護士に相談してみましょう。
カードローンの返済ができないのをそのままにしておいても、督促がきつくなってしまうだけで、精神的に苦しくなってしまいます。
弁護士に相談することでカードローンの返済をストップすることができますし、毎月の返済額を減少させたり、利息をなくすことができますのでトータルでの返済額を減少させる債務整理を行うことができるようになります。
債務整理を行えるのは弁護士だけではなく司法書士もなのですが、司法書士の場合には140万円の壁というものがあり、借金の総額が140万円を超えた場合には債務整理を依頼することができなくなってしまいます。
弁護士ならばカードローンやその他の借入がどれだけあっても、裁判になったとしても、依頼者の代理人となることができる法律のプロです。
司法書士に依頼しておいて、後で借金の額が多すぎて弁護士に再度依頼しなければいけないという事態を防ぐためにも、最初から弁護士に依頼しておくと良いでしょう。
近年では相談だけなら無料の弁護士も増えてきていますので、費用の負担なく相談を行うことも可能です。

参照:http://www.centrejc.org/